ロールについて解説!それぞれの役割について

Vaders wikiからのお知らせ

ロールについて解説!それぞれの役割について

ロールシステム

ロールとは?

ロールについて解説!それぞれの役割について
ロールとは各ジョブが得意とする役割です。ロールは主にタンク、アタッカー、ヒーラー、バッファーという分類に分けられます。それぞれのロールに適した戦い方、役割があります。火力が高い敵、硬い敵など様々なタイプの敵によって適正のロール編成があり、非常に重要なシステムとなっています。例えばモンクならアタッカーなので攻撃力が高いなど決められたロールのステータスやアビリティが設定されています。ですが、ロールはあくまで長所であり「モンクで回復役のヒーラーをやりたい!」というのも一応可能ではありますが、あまり効率的ではないでしょう。

ロール一覧

アタッカー

ロールについて解説!それぞれの役割について
攻撃力が高く、主にボスにダメージを与える役割です。黒魔導士、モンク、狩人が分類されます。ダメージを与える重要な役割なので、一人以上編成しておくのが無難でしょう。敵の攻撃を避けて大ダメージを与えたり、遠距離から高火力の攻撃をしたりとアクション的な要素の強く、使ってて楽しいロールだと思います。ただ一人だけで向かっていっても標的にされるだけなので、他ロールの支援を受けながら戦いましょう。

タンク

ロールについて解説!それぞれの役割について
防御力が高く、敵の攻撃を引き付け、受け止める役割です。ナイトが分類されます。敵にあえて狙われることで攻撃を引きつけ、敵の攻撃を高い防御・回避力、ディフレクトなどのアビリティを駆使して防ぎます。タンクを運用することで味方を守り、味方に積極的に攻めてもらうようにゲームメイクする司令塔です。

ヒーラー

ロールについて解説!それぞれの役割について
味方の回復をする役割です。白魔導士が分類されます。味方プレイヤーが瀕死、またはやられてしまった時に回復・復活させて後方からサポートします。最初の一人に選ぶ役割!というわけではないのでソロプレイではあまり使わないと思います。真価を発揮するのはマルチプレイと言えるでしょう。画面上の味方の状況を常時確認できる能力が求められます。

バッファー

ロールについて解説!それぞれの役割について
味方の攻撃力を上げたり、敵の防御力を下げたりする補助的な役割です。狩人がこれに分類されますが、黒魔導士や白魔導士もバッファー的側面を持ちます。一見地味な役割に見えますが非常に重要で、戦うための土台を構成していきます。高火力の敵や硬い敵など、高難易度になるにつれて真価を発揮するでしょう。使いこなすには味方の役割を覚え、長所を伸ばすことが重要です。